幸からそっと教えてもらったこと

今朝のお散歩で


何匹かのわんちゃんと会いました。

その中のあるわんちゃんの飼い主さんと、
「幸は犬も人も苦手なんです」
という話になり、

子どもを産んだあと捨てられセンターにいた、と話しました。

すると、その飼い主の男性は「ハハハ、そうなんですか~」と明るく笑いました。

何がおかしいのでしょうか。




幸はフィラリア陽性でした。予防薬ものませてもらえてなかったのです。

卵巣脳腫でした。
ちばわんさんで不妊手術していただかなければ、どうなっていたかと思うのです。

今よりも3キロ以上痩せていて、皮膚炎・外耳炎でした。

センターで一緒の部屋にいた子たちは、苦しみながら殺されていったのです。

彼は何を笑っているのか、私にはさっぱりわかりません。
悔しくて腹が立って悲しくて、もやもやいっぱいで幸と散歩を続けました。



しばらく歩いて・・・朝陽に照らされた幸ちゃんの背中が言いました。


「ママさん、きっとあの人、何も知らないんだよ」


幸




そっか・・・
多くの子が殺されていること、
その子たちを救おうとしている人がたくさんいること、
家族を待っているワンニャンがいること、
彼はきっと知らないのですね。

以前の私もそうであったように。





2008年3月 センター最終日の部屋
幸

真ん中にいるのが幸です。
(写真はちばわん愛護センターレポートからお借りしました)

この写真に写っている子は、もうこの世にはいないのです。
この子たちが何をしたというのでしょうか。





幸

幸にはいつもと変わりないのんびりな朝でした。



保護犬のことを多くの方に知っていただくため、ランキングに参加しています。
クリックしてね。っとクリックしていただけるとうれしいです♪

にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村 









Comment

さち姉 | URL | 2009.11.15 15:48
おてわんママ
こんにちは!
私もお散歩していると、年齢や、なんで首輪とハーネスの2つもしているのか、よく聞かれます。
その度に、センターから保護したわんこで、里親を募集しているという話をしてはみますが、ほとんどの方はポカーンとした顔をします。
たいていは、そういうことがあるなんて知らなかった・・・と、おっしゃいます。
知らない間に、助けを求めてる子達が力尽きてしまうんですよね。
そういう私も、ついこの間まで知りませんでした。
私も、さっちゃんに教えてもらっていること、たくさんです。
りりまむ | URL | 2009.11.15 20:10
おてわんママさんはじめまして!幸ちゃん辛い過去を持っていたのですね。。。本当に罪もない健気に人間を信じてやまない子達が殺処分されることにストップをかける方法はないのかと毎日収容動物情報を観ながら悔しく涙しています。ペットショップで買ったり人から譲り受けたりした人には分からないのでしょうね。。。もっと多くの人達に知ってもらうべくペットを飼っている人に年に1回でも講習会を受ける事を義務ずけるべきです!うちの子、ちばわん卒のビーグル犬リリーですが(かえでさんのお家にいました)幸ちゃんと同じ時期にセンターにいたようです。2008年3月中旬に出されました!今年3月にまたビーグルの子、かえでさんに手伝って頂き引き取り元気にしてます。
おてわん | URL | 2009.11.15 21:20
さち姉さん

さっちゃんや幸みたいな子がいること、
今もセンターの冷たい床の上で震えている子がいることを、
ひとりでも多くの方に知っていただきたいですね。
何も語らないわんこたち・・・、とても偉大に思えます。
おてわん | URL | 2009.11.15 21:35
りりまむさん

来ていただいて、ありがとうございます。
かえでさんには私も一番つらいときに助けていただきました。
リリーちゃんのプリンセスぶりは、かえでさんのブログで拝見していました^^
リリーちゃんと幸はご縁があったんですね。
そうですね、お金を出しさえすればどんな人でも命を買えてしまうペットショップ。
そもそも、そこに反対です。 せめてきちんとした講習の受講は必要だと私も思います。 

幸は他のわんちゃん達の代表として引き出していただけたのですから、みんなの分も大切にしていきたいです。 いぬ親共通の思いですね。
くりママ | URL | 2009.11.16 13:33
幸ちゃんのセンターでの写真初めて見ました。
あのセンターで他のワンコが苦手になってしまったのでしょうかね?怖くて不安でいっぱいだったんでしょうね。
今は穏やかな幸ちゃんのお顔がみんなを和ませてくれますね。
おてわん | URL | 2009.11.16 21:33
くりママさん

きっと幸は怖かったと思います。
今は隣でグーピーと大いびきで寝ていますよ*^^*
平凡な生活が幸せですねー。 幸が来てくれて我が家は穏やかな雰囲気になりました。
ためりん | URL | 2009.11.18 17:23
ちょっと前の記事にコメになってしまってすみません。
昨日の晩記事を読んで、私も怒りが収まりませんでした。人間同士でもそうですが、無関心は最大の罪です。その笑った男性は命の尊厳をどう考えているのでしょうね。人の子なら、人の親なら、そのこともうちょっと考えてから言動を起こして欲しいです。でもそこでこらえたおてわんさんは当たり前だけどすごい!私、酔っ払いに「なんだこんな犬、蹴り殺してやる!」と怒鳴られた時(手出しはしてこなかったけど)思わず「何だと、この酔っ払い!!」と切れ掛かり、飛び掛る寸前までぶちきれました。ためこがストライキ起こして動かなかったので、私も動けずけんかにならずにすみましたが(汗)
今の幸ちゃんは過去のこと感じさせない穏やかな家庭犬ですね。うちのためこも兄弟殺されているので辛い過去背負ってます。私も預かりボラ続けられる限り、殺処分ゼロになるまで知ってもらう努力続けたいと思います!これからもよろしくお願いします!!
おてわん | URL | 2009.11.18 22:20
ためりんさん

ためちゃん、そうだったんですね・・・。ためりんさんが切れそうになるなんて想像できませんが、
ためちゃんのお陰で喧嘩にならず、よかったです^^;
ためちゃんや幸が話すことが出来たなら、何て言ったでしょうね。
そう考えてしまいました。答えはまだ出ていませんが。
私もばぁさんになっても預かりやりますよ~。預かりボラが必要なくなる日を夢見て、頑張りましょうね^^
ロンママ | URL | 2009.11.22 21:08 | Edit
私も会う人にセンターの現実を教えたいと思っているのですが興味がない人には難しいですね。それに私が商売をしていると思っている人もいます。「儲かるでしょ??」なんて言われて悲しくなります。幸ちゃんの写っているセンターレポート覚えています。立っている手前左の子も確かちばわんで引き出しましたよね。救える命がわずかというのも悲しいですね。
おてわん | URL | 2009.11.22 21:18
ロンママさん

どの子を引き出すか・・・数に限りがあって選択せざるを得ないスタッフさんは、
すごくつらい思いをされていることと思います。
私もこの年齢になるまでこんな悲しい子たちがいることを知らずにいたのです。
なので、今、出来ることを少しでもやっていきたいと思っています。
カンナちゃんのお届け、お疲れさまでした。幸せ間違いなし!ですね(^^)v
Comment Form
公開設定

Profile

おてわん

Author:おてわん
*2代目保護犬・黒柴の毬、そして預かりわんことの日々♪

*東京都在住

Link
このブログをリンクに追加する
Comment
Category
Monthly archive
検索フォーム
QRコード
QRコード
FC2カウンター